2019.04.26|お灸のお話

更年期の症状にお灸が良いって信じられますか?

お灸は温める効果があるので冷え性に効くとイメージがあります。

当然、冷えにお灸は効くのですが、更年期の主症状である『のぼせ』『ホットフラッシュ』『イライラ』にお灸が使われてきたのをご存知でしょうか。

実は中学2年生で習う『徒然草』に書かれているのです。(懐かしい・・・。)

徒然草148段に、
「四十以降の人、身に灸を加へて、三里を焼かざれば、上気の事あり。必ず灸すべし。」

そう、お灸は鎌倉時代にはもう盛んに行われていましたが、特に男女とも身体の変化が起こる40歳からお灸は欠かせないものでした。しかし、『三里』にお灸を忘れると上気(のぼせ)してしまうことがあり、吉田兼好がそのことを教えてくれています。

『三里』はのぼせを予防するツボなのですが、現代語訳を読むと『足三里』だけしか書かれていませんが、実は『手三里』も必要なのです。手と足の『三里』にお灸をすえて、『上にあがった気』を手や足におくり『気を下げる』のです。これを『引熱』というお灸の手法になります。(お灸した後はイライラも楽になります、環境により個人差はありますが)

本院は更年期障害に起こる症状をお灸で和らげ、『手三里』『足三里』のツボを説明し、セルフケアお灸をおススメしております。

中川区には更年期障害を得意とする鍼灸院さんはありますが、鍼が合わなかった更年期障害の症状にはお灸を一度試していただければと思います。

つらい症状で悩んでられる方は、ご相談ください。

pagetop